【サチコとは?】検索順位チェックツールを使った記事作成

こんにちは、ヒデです。

記事のアクセス数が全く伸びなくて悩んでます。

検索順位ツールとは?

おすすめの検索チェックツールを知りたい。

今日のポチブログでは、記事がなかなかアクセスされない理由をチェックツールやサーチコンソールを使って調べていきます。

それでは、はじめていきましょう。

【よくあるご質問】

質問と答え

● サーチコンソール(サチコ)とは?
● サイトアクセス数が伸びなくて悩んでます。
● 検索チェックツールのことを知りたい。

【本記事の信頼性】

ヒデブログのアイコンイラスト

① 大手メーカーWEBコンサル歴10年ほど
② 収益8桁の実績(WEB運用・ディレクション)
③ 経営者・ブロガー(海外のマーケティングを知ってるほう)


Twitter ヒデとポチ🌏ポチと始める副業ブログ収入


『【サチコとは?】検索順位チェックツールを使った記事作成』

第 1 章 検索順位チェックツールの必要性

トップに躍り出る大きな成功

SEO対策が本格化してくると必ず出会う「検索順位」。

どのキーワードがトレンドなのか。

今から書こうとしている記事のキーワードはどの順位にあるのか?

記事を書く前にはこうしたキーワードの情報を念頭に置いて記事を書いたりブログ・アフィリエイトを運営する必要があります。

「Webサーチコンソールを使えば、どのユーザーがどういったキーワードで流入してくるのか分かるから、別にキーワードの順位を計測する必要はあるの?」とお考えになる方もいますよね。

それも分かります。

ここでは、順位チェックツールとWebサーチコンソールの違いと、検索順位チェックの重要性について分かりやすく解説していきますね。

そして、無料で使えるツールやおすすめのキーワードツールもご紹介していきます。

検索順位チェックツールとは

検索順位チェックツールとは、指定したキーワードに置ける現在の検索順位を調べてくれるツールです。

有名どころでは、以下のサービスがあります。

【定番の順位チェックツール6選】

  • ① Gyron-SEO(Gyro-n SEO)
  • ② キーワードファインダー
  • ③ GRC
  • ④ BULL
  • ⑤ RankTracker
  • ⑥ SERPOSC

これらのサービスは、本格的なソフトウェアサービスです。

アフィリエイトやSEO対策も本格化すると、ここでご紹介したツールを使う必要性が出てきます。

無料でおすすめできるのは下記のツールです。

【無料の検索順位ツール3選】

  • ① 検索順位チェッカー
  • ② ohotuku.jp 順位チェック300
  • ③ SEOチェキ!順位チェック

簡易的にはなりますが、無料でお手軽に検索順位を調べたい場合にはおすすめです。

これらおすすめ3選は、Webサービスなのでソフトをインストールするも必要がなく、ブラウザ上から気軽に利用できる検索順位チェックツールサービスです。

検索順位チェックツールを使う必要性とは

キーワードの順位を知ることで、効率的な記事の作成を行えます。

いくらキーワード戦略的に組み込んで記事を書いても、アクセス数が思うように上がらない場合は、設定しているキーワードの順位が低い場合があります。

検索順位を調べることは、SEO対策の上で必須事項です。

対象キーワードの順位を知らずして、記事を書いても時間がもったいないので、必ず検索順位チェックツールを使って、キーワードの順位を調べておきましょう。

また、キーワードをピンポイントで狙う練習に検索順位チェックツールは有用です。

【具体例】

例えば、下記を例にあげてみます。

  • 具体例:テレワークに最適なおすすめヘッドセット5選

この記事は、「テレワーク ヘッドセット」というキーワードを対策キーワードとしています。

もうひとつは、

  • 具体例:【困りごと】テレワークの課題とその対策

という記事は、「テレワーク 課題」というキーワードを狙っています。

その結果は、

  • 「テレワーク ヘッドセット」が12位。
  • 「テレワーク 課題」が順位圏外でした。

いかがでしょうか?

検索順位チェックツールを使うことで、あなたの書いた記事が検索サイトの表示において、今どこにあるのかを明確に調べられます。

「テレワーク 課題」とした記事のアクセス数が低い理由は「検索ランキング外」だったということが判明しました。

このことが分かっただけでも収穫です。

次にすべきことは、「テレワーク 課題」を対策キーワードとした記事をどのようにしてアクセスを上げていくかです。

サチコが失敗理由を教えてくれる

サチコとは、Webサーチコンソールを略したものです。
ぜひ頭に入れておいて下さい。

さて、今回うだつの上がらない「テレワーク 課題」を戦略キーワードとした「【困りごと】テレワークの課題とその対策」という記事ですが、Webサーチコンソールで分析してみましょう。

サーチコンソールで「検索トラフィック」→「検索アナリティクス」へ。

項目「ページ」のラジオボタンをクリックして下さい。

URL別に記事の一覧が表示されます。

「【困りごと】テレワークの課題とその対策」という記事に該当するURLをクリックします。

検索トラフィックがありません。

ということは、検索サイトから、「【困りごと】テレワークの課題とその対策」という記事への流入がゼロに気づけました。

こうした状況の把握がとても重要です。

クエリが教えてくれる

サチコに続き、クエリという名前が出てきました…クエリとは何?

なんだか美味しそうな名前…。

クエリとは、「検索ワード」と覚えて頂いて問題ありません。

せっかく書いた記事である、「【困りごと】テレワークの課題とその対策」は、なぜだかヒットしない。ヒットしない原因の仮説を立ててみます。

Webサーチコンソールを覗くと、「【困りごと】テレワークの課題とその対策」という記事はどうやら、別の検索クエリには反応しています。

ここで浮かび上がる仮説は以下の通りです。

・別の検索ワードでの結果では、記事がヒットしている。
・ユーザーから見て悩みを解決できるような内容ではなさそう(タイトルとディスクリプション部分)なので、スルーされている。
・クエリを見た限り、「テレワーク 問題」のニーズがありそう。

いかがでしたか?

順位チェックツールとサーチコンソールを使うと、このように記事がヒットしない原因を探ることができるのです。

ここまで仮説が立ったら次にすべきことは何でしょうか?

この後、解説していきます。

サチコ&クエリそしてリライト!

サチコ(Webサーチコンソール)でクエリを調べたら、あとはそのクエリを狙うようにしてリライトをかけるだけです。

今回の場合は、

  • 「【困りごと】テレワークの課題とその対策」

という記事がヒットしません(検索順位圏外)ので、クエリの内容から、

  • 「【問題解決】テレワークで起こりがちな3つの問題」

というタイトルに直し、記事内容を「テレワーク 問題」にフォーカスした内容でリライトするという手順を取ります。

検索順位チェックツールとサチコのおさらい

ここまで読んで、検索順位チェックツールの働きと、有用性とWebサーチコンソールの活用法が分かりましたね。シンプルにまとめます。

  • 検索順位チェックツールを利用して、ピンポイントにキーワードを狙う
  • ヒット率の低い記事をWebサーチコンソールから、どのクエリで反応しているのか調査
  • 検索クエリをもとに、戦略的に記事をリライトしましょう

始めは記事へのアクセスを計測して、調査すべきキーワードを選定して、キーワードのアクセス数を調べるのは大変ですが、コツコツと対策を打っていけばサラリーマンよりも稼げる可能性が大いにあります。

検索サイトにおいて上位表示されることは、すなわち収益が上がるということです。ただし、SEO界隈の常識ですが「結果はすぐに出てこない」です。

SEOにおける鉄則は「3ヶ月スパンで見守れ」です。

すぐに検索結果に変動が起こるようですと、検索サイトの利用者に混乱が生まれ、ユーザービリティが低下します。

ですので検索エンジンも、検索順位を変動させることには慎重です。

SEO対策は辛抱強さが求められます。

3ヶ月、見守りましょう。

第 2 章 検索順位チェックツールで作成する具体的手順

安定性と不安定性

検索順位チェックツール、Webサーチコンソールなどそれぞれのツールの役割は分かりましたが、実際にどのような流れで記事を書いていくのか、分かりやすく解説していきますね。

その1|キーワードを定める

記事のアクセスが思うように伸びていかない人は、このキーワード選定が原因です。

キーワードを選定するのは、実は奥深い要素があるのですが、まだ慣れないうちはGoogleの検索ボックスに書こうとしている記事の「キーワード」を打ち込んで下さい。

例えばGoogleの検索ボックスに「SEO」と入力してスペースキーを押すと、「対策」「とは」というサジェストが出てきます。これがまさに、ユーザーが答えを探している「悩み」です。

【無料のおすすめキーワードツール】

Googleのサジェスト機能を自動化して、一覧表示してくれる便利なツールが無料で使えます。

ほとんどの人が利用しているのはラッコキーワードです。
こちらもぜひ活用してみて下さい。

関連記事

こんにちは、ヒデです。あなたは、ロングテールキーワードという言葉をご存知ですか?今回のヒデブログでは、上位検索結果に大きく影響を与える、ロングテールキーワードの基礎知識とSEOを意識しキーワードの選び方のコツを紹介します。[…]

その2|記事の構成をつくる

記事構成をつくらずに、記事を書くということはせっくのSEOキーワードが効果を発揮しませんから、ちゃんとした構成を組み立てて、その中にキーワードを散りばめてあげて下さい。

なお、「タイトルは後から自動的に決まってくる」という人がいますが、作成効率と人間の思考順序を考えても、先にすべてのタイトルを決めてから本文を執筆したほうがおすすめです。

正しく組まれた記事の骨組み、つまり記事構成は骨格がしっかりしているので、あとからリライトすることになっても管理しやすいですよ。

記事の構成次第で、その記事の「メンテナンス性」が変わってくることを覚えておきましょう。

その3|記事を書いてみましょう。文体に注意

記事の骨格ができあがったら、実際にタイピングして記事を書いていきましょう。

見た目にも文章だらけ…特に漢字だらけの記事は読まれずユーザーが「離脱」していきますので、スマートフォンユーザーがのためにも適度な改行を行い、画像を適宜挿入することにより画面に変化をつけて「ユーザーを飽きさせない」ようにしましょう。

その4|記事を投稿して、公開する

記事は読まれるからこそ、価値あるものになります。ですから、記事を書いたらSNSでアピールしましょう。現代はTwitterやInstagramなど、無料で大きな宣伝効果が得られるサービスが使えます。ぜひ活用しましょう。

その5|検索順位チェックツールで動向を見る

記事が広く公開されたあとで検索順位チェックツールを利用して、対策キーワードを打ち込んで順位を調査します。

この時に、日付タグをつけておけば作成した記事の作成日が分かりますので、あとになってリライトをするときの参考データとして役立ちます。

関連記事

ブロガー必見!あなたはオリジナル記事が超簡単に書ける音声入力を使ってますか?今回のポチブログは、これから10年は世界で伸びると注目されている市場、IVR(自動音声応答)などの音声の分野からです。まさに音声の分野の入口、音声[…]

ケイタイのボイス機能を表示するイラスト

第 3 章 アクセス数が伸びずに悩んでいる方へ

表彰台の上で勝利を祝う人

ここまでやってみて、アクセス数が全く伸びない…という方は順位チェックツールの使い方以前に根本的な間違いをしているかも知れません。

つまり、「アクセス数が伸びない=ユーザーのニーズを掴めていない」ということです。

これはキーワードの選定が原因ではなく、あなたの書いている記事の内容に問題があるということです。

ユーザーのニーズを満たせる記事を書くには、こちらの記事を参考にして下さい。

もっと勉強したい!

という方は、文章の基礎を学べる以下の書籍をぜひお読みになって下さい。

SEO対策やブログ運営で実績を上げている人は、下記に挙げている本を少なからず読んでいます。たまたま記事を書いたら、ヒットしたわけではないのです。

ですから自分へのスキル投資という考えを持って、勉強してみて下さい。

関連記事

ブログを始めてみたけど、アクセス数がなかなか伸びなくて悩んでいる方。アフィリエイトの収入を増やしたい方。この記事では効果的にアクセス数を増やすリライトの方法を解説していきます。では、さっそく始めましょう。[…]

ブログの記事を書くイラスト

まとめ

検索順位ツールであるGRCやRankTrackerをはじめとする有名どころのツール、Webサーチコンソール含めて、実際の記事の書き方を解説してきましたがいかがでしたか?

意外にもかんたんだったという印象だと思います。

しかし、これを毎日やっていける人はごくわずかなのも事実です。

現実にブログで収入を得ている人は、この作業を日課にしています。つまり、成功者と同じ日課をこなせば、あなたもブログでアクセス数を伸ばして、収益を向上させることができるということです。

ぜひ、三日坊主にならないように頑張りましょう。

SEO対策は「辛抱」が必要です。

今回の記事は以上になります。
最後までありがとうございました。

  • 検索順位を調べることは、SEO対策の上で必須事項。
  • アクセス数が伸びないのは、ユーザーのニーズを掴めていない証拠
  • SEOは「3ヶ月スパンで見守れ」

効果的にアクセスをのばすリライト方法の紹介記事は下記を読んでみてください。

関連記事

ブログを始めてみたけど、アクセス数がなかなか伸びなくて悩んでいる方。アフィリエイトの収入を増やしたい方。この記事では効果的にアクセス数を増やすリライトの方法を解説していきます。では、さっそく始めましょう。[…]

ブログの記事を書くイラスト