ブログの見出しの作り方【SEO検索結果アップ!】

SEO検索結果アップには、ブログの見出しの作り方を覚えるのは必須です。

今回のポチブログは、ブログを始めたばかりのアフィリエイト収入を増やしたい方のための検索上位にヒットする見出しの作り方を説明します。

それでは早速、始めていきましょう。

【よくあるご質問】

質問と答え

● ブログのアクセスが伸び悩んでます
● 見出しを変えて検索結果を上げたいです
● ブログ記事の見出しって重要ですか?

【本記事の信頼性】

ヒデブログのアイコンイラスト

① 大手メーカーWEBコンサル歴10年ほど
② 収益8桁の実績(WEB運用・ディレクション)
③ 経営者・ブロガー(海外のマーケティングを知ってるほう)


Twitter ヒデとポチ🌏ポチと始める副業ブログ収入
「日本人の固定概念や勘違いにケリをいれるネタつぶやいてます。」


『ブログの見出しの作り方【SEO検索結果アップ!】』

第 1 章 見出しを正しくつける3つの理由

検索結果ワードのイラスト

なぜブログ記事にタイトルや、見出しをつけるのか?

その理由や効果を理解して、賢くポイントを押さえて実践してみることで、
あなたのブログやサイトは大きく結果が変わってきます。

それでは進めていきましょう!

その①:SEO 最適化のため

ブログやアフィリエイトで収益を上げるには、
まず始めにブログのアクセス数を増やす必要があります。

そのためには、ブログの記事を上位表示させる必要があります。

そこで大きく影響するのがタイトルと見出しのなかのキーワードです。

例えば、 「自由が丘 ショートケーキ おすすめ
というキーワードを上位検索をさせたい場合はこうなります。

「自由が丘で、おすすめのショートケーキのお店」

こんな感じですよね。

この後の記事でも、詳しく説明しますがキーワードには、
表示させたい作り手側と、実際に検索をする読者側をつなげる必要があります。

そのため読者にとってわかりやすい文章を作る必要があります。

例えば、検索結果を上げたいことを意識しすぎて、同じキーワードを何度も入れてしまうのはNGです。

正しく書くポイントを押さえていきましょう。

その②:読者にとっての読みやすい記事にする

タイトルや見出しは、記事をわかりやすく読みやすくする効果があります。

ブログやサイトは書籍とは違い、上から下に流れながら読み進めるため、全部を事細かに読むのではなく、知りたい情報や内容を、読者が選びながら読む性質を持っています。

例えば1000文字以上の文章を書いたときに、その見出しがあるだけで読者にとって読みたい記事であるかを瞬時に伝えることができます。

そのため、読者にとって知りたい情報がどこにあるかを分かりやすく指し示すことが、とても大切です。

この記事には何が書かれているのかを、見出しによって整理していきましょう。

その③:見やすい目次を簡単につくる

ブログやアフィリエイトを行っている方は、WordPressのテーマを使ったサイトが多いと思います。

WordPressでは、テーマによって、デフォルトの設定やプラグインによって、とても簡単に目次を作ることができます。

WordPressによる目次は、ほとんどの場合が自動的に設置できます!

目次の設置や表示させることは、SEO最適化にもつながります。

読者にも見やすく、良質な記事を届ける効果が期待できるのでぜひ表示させましょう。

「WordPress を使ったブログの作り方」を知りたい方はこちらの記事

関連記事

こんにちは、ヒデです。これからWordPress(ワードプレス)でブログを立ち上げたい方のなかには、どんな方法で進めればいいの?とお困りの方もいると思います。今回のポチブログでは、誰でも簡単にワードプレスでブログを立ち上げ[…]

空に絵を描く人

「WordPress テーマについて」知りたい方はこちらの記事へ

関連記事

サーバーとドメインを契約しWordPressでブログを立ち上げたけれど、もっとSEOに特化したテーマを入れたい、見栄えをカッコよくしたい、そもそもテーマってなに?などとお困りの方もいると思います。今回のポチブログでは、有料テーマを[…]

青空の外を見ている人

第 2 章 タイトルや見出し作る時の注意するポイント

キーワード検索結果のイラスト

ブログの記事やサイトを上位検索させるためキーワードを設置する際に、
気をつけるポイントがあります。

下記のポイントを押さえながらタイトルや見出しを作りましょう!

ポイント①:欲張ってキーワードを入れすぎない

例えば先ほどの、「自由が丘 ショートケーキ おすすめ」というキーワードで上位検索をさせたい場合。

記事の例では、「自由が丘で、おすすめのショートケーキのお店」になりました。この見出しタイトルが悪いわけではありません。
しかし、このキーワードを記事の中の見出しで何度も出すのは NGです。

H2:自由が丘でおすすめのショートケーキのお店
H2:自由が丘で美味しいショートケーキを食べよう!おすすめのお店
H2:美味しいショートケーキが食べれる自由が丘のお店

分かりますよね。

めちゃ違和感ですよね。

上位検索を狙いすぎて、同じワードを何度も使ってしまっている見出しにならないように気をつけましょう!

ポイント②:長くなりすぎないよう短文でまとめる

見出しは目次に表示されます。

読者は瞬時に目次の中から自分の知りたい情報をキャッチします。

そのため、作り手側が伝えたい思いから文章が長くなってしまわないように気をつけてましょう。

文字数はタイトル28文字以内、見出し最大20文字以内がおすすめです。

短くわかりやすい言葉で作ることでPCやスマホで見たときの改行に関わるためです。
文字はできるだけ短く整理すつことで読者に見やすい記事になります。

「SEO最適化のための文字数」を知りたい方はこちらの記事へ

関連記事

この記事で解決できること・内部SEO対策について・headタグのtitleやmetaの文字数・外部SEO対策について【この記事の信頼性について】① 大手メーカーWEBコンサル歴10年ほど② 経営の収益8桁の[…]

headタグとは?内部SEO対策を強化して順位をUP

ポイント③:目次を見やすく整理する

それぞれの見出しH2やH3は目次で見た時に、
多くなりすぎないように見やすく整理することが大切です。

固定の読者が数多くいて、長文を読み慣れている場合(WEB有料会員のメルマガやnoteなど)は良いのですが、初めてブログやサイトに訪れたる読者にはH2は多く使用しても5個までに押さえることをおすすめします。

第 3 章 具体的におすすめする見出しのパターン

キーワード検索結果一位のイラスト

ここでは実際に、ブログ初心者の方でも簡単に作れるように、見出しを作りやすくするためのパターンを4つ紹介します。

自分で書きやすいようにアレンジして実践してみてください。

『自由が丘で、おすすめのショートケーキのお店とは?』
疑問形は、クエスチョンマークを使った記事です。読者が知りたいと思っている疑問や質問を見出しにすることで、この記事に読者の知りたい悩みや回答が書かれていることを、わかりやすく伝えましょう。

『自由が丘で、おすすめのショートケーキのお店は旭屋です!』
読者が知りたい答えが見出しの中に書かれている作り方です。
読者が目次や記事を瞬時に読む際に、知りたい情報が書かれていることで信頼性と他の記事への期待が高まりますよね。
『自由が丘のおすすめのショートケーキの裏に驚きの事実があった!』
見出しの中に興味や想像が膨らむ作り方です。
記事の内容を読んでみたいと思えるということはとても大切です。読者の知りたい情報だけでなく他の記事も読み進めてもらう可能性がとても強くなります。

h2:自由が丘のショートケーキお店のメリット
h3:デートで喜ばれる
h3:・・・
h3:・・・

h2:自由が丘のショートケーキお店のデメリット
h3:値段が高い
h3:・・・
h3: ・・・

小見出し H 3夜サブタイトルなどを使いリズムを作ります。
こうしたリズムを作ることで記事を読みやすくさせ、最後まで読んでみたいと思える生地を作ることができます。

まとめ

最後に、この記事では見出しの書き方で読者の心を掴み、有益な情報を提供するための見出しの作り方と、キーワード検索に効果的なポイントを説明してきました。

是非あなたも試してみてください。

それでは下記にまとめて終わりにします。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • 見出しを整理することで検索結果は変わる
  • 見出しは20文字以内で短く作る
  • WordPressテーマでは自動で目次にできる
  • 見出しのパターンを活用して賢く作る