キーワード出現率はSEO対策に無関係?

【この記事の信頼性について】

ヒデブログのアイコンイラスト
① 大手メーカーWEBコンサル歴10年ほど
② 経営の収益8桁の実績(WEB運用以外も諸々)
③ ブロガー(海外マーケティングを知ってるほう)Twitter  ヒデとポチ🌏ポチと始める副業ブログ習慣

キーワード出現率はSEO対策に無関係?

第 1 章 キーワード出現率とは?

WEBページの記事内に出てくる単語(キーワード)の割合を示したものです。

ここで注意したい点はキーワードをたくさん入れて検索エンジンに評価されるようにしても、

ユーザーにとっては分かりにくいコンテンツになってしまったり、ユーザビリティーが下がってしまっては意味がありません。


昔は「キーワード出現率」を何%にするとSEOに良いとかの噂はありましたが、

あくまでもユーザーファーストで記事を書いていくことが重要です。

このキーワード出現率ばかりを意識してしまうと、読みにくい文章になってしまったりします。

また、キーワードを詰め込み過ぎによって評価が下がってしまう可能性もあるのです。

第 2 章 SEOに関係しているの?

では実際に「SEOに関係しているか」「検索順位には関係しているのか」を検証していきたいと思います。

ある「検索キーワード」で検索して1ページ目に出てきたサイトのキーワード出現率を調べてみました。

すると、下記のような結果になったのです。

1位のページ 4.55%
2位のページ 3.23%
3位のページ 1.45%
4位のページ 4.22%
5位のページ 2.89%
6位のページ 2.7%
7位のページ 3.02%
8位のページ 2.52%
9位のページ 1.45%
10位のページ 3.29%

この結果を見ると検索順位とキーワード出現率が多いからと言って検索順位が上がるといったことでは無いようです。

残念ながら、キーワード出現率だけを調整するだけで、順位が上がるような単純なものではなく、

ユーザーが読みやすくユーザーファーストの記事であることを心がけることがSEO対策で最も重要のようです。

第 3 章 キーワード出現率はまったく関係ない?

ではキーワード出現率はまったく関係ないのかということになりますが、

ユーザー目線で見た時に、

あまりにも多いキーワードの場合は読みにくい記事になってしまう
逆に少なすぎると知りたいことが無い記事なのではないかと思ってしまします。

なのでこのキーワード出現率は良質な記事を書く上で、

目安として

キーワードがちゃんと入っているかを見ることが重要となります。

特にtitleタグや見出しタグにキーワードをいれることは重要で、ユーザビリティーが上がってくるでしょう。

第 4 章 無料のキーワード出現率ツールを使おう

単純にキーワードを使いすぎるとペナルティになる可能性があります。

・実質的な付加価値のない電話番号の羅列。
・ウェブページが特定の市町村や都道府県に関する検索結果の上位に掲載されるようにするために市町村名や都道府県名を羅列したテキスト。
・同じ単語や語句を不自然に感じられるほどに繰り返すこと。

無関係なキーワード
 
ポチ
いつのまにか「キーワードを使いすぎていた」なんってことが無いように
 
undefined
無意識に使いすぎてるかも。。。。

無料のツールを使って、記事のキーワード出現率を調べることは大切なことです。

無料ツールを使ってみる

いくつかキーワード出現率を調べる無料ツールはありますが、

今回は「ohotuku.jp」のツールを紹介します。

キーワード出現率チェックツール

この無料ツールは、

  • URL
  • キーワード
  • 出現率目標
  • 表示回数

を入力することで、キーワード出現率を調べることが出来ます。

キーワード出現率ツール

この出現率を目安に、記事を書いたり、リライトをしていくことで

ユーザーにより良い記事が届けれるようになります。

ポチとヒデのまとめ

 
ポチ
この記事では、アフィリエイトの仕組みを説明してきたけど、どどうだったかな?
 
ヒデ
コレを読めばアフィリエイトが何かわかるね。
 
ポチ
これを機会にアフィリエイトを始めてみよう。
みなさんも記事を最後まで読んでくれて、ありがとうございました。