【ロングテールキーワードの探し方】SEO効果を引き出す方法!

こんにちは、ヒデです。

あなたは、ロングテールキーワードという言葉をご存知ですか?

今回のヒデブログでは、上位検索結果に大きく影響を与える、ロングテールキーワードの基礎知識SEOを意識しキーワードの選び方のコツを紹介します。

それでは、早速はじめましょう。

【よくあるご質問】

質問と答え

● ロングテールキーワードってなに?
● SEOに効果があるって本当?
● キーワードを使って記事を書きたい

【本記事の信頼性】

ヒデブログのアイコンイラスト

① 大手メーカーWEBコンサル歴10年ほど
② 収益8桁の実績(WEB運用・ディレクション)
③ 経営者・ブロガー(海外のマーケティングを知ってるほう)


Twitter:ヒデブログ🌏勘違いブロガー☆
「日本人の固定概念や勘違いにケリをいれるネタつぶやいてます。」


『【ロングテールキーワードの探し方】SEO効果を引き出す方法!』

第 1 章 ロングテールキーワードについて

実績アップを表しているイラスト

ロングテールキーワードは、本気でブログで収益を出そうと取り組む人に必須の知識です。

ロングテールキーワードとは?

複数単語の掛け合わせで、検索数の少ないキーワードのことをロングテールキーワードと言います。

ロングテールキーワードの図

こちらの表から見てもらうと、ロングテールキーワードビックキーワードと比較して、「複数の検索キーワードは検索回数は少ない」が、「コンバージョン率が高い」ということにります。

ロングテールSEOとは?

ロングテールSEOとは、よく検索される特定の一単語のビックキーワードを狙うのではなく、複数の単語の掛け合わせでニッチなキーワードを狙うSEO戦略のことを言います。

ロングテールキーワードのメリットとデメリット

【メリット】

  • 検索の競合が少ないため上位表示される可能性高い
  • ニーズを意識した記事を書くことができる
  • CVに繋がる可能性が大いにある

【デメリット】

  • 検索ボリュームが少ない
  • 検索ボリュームを調査しないと流入が獲得できない
  • 戦略をきちんと立てないと似たようなコンテンツを量産してしまう

デメリットと言っても、意識してこれらのことを注意し、しっかりと戦略を立てていけばクリアーできるものばかりです。

第2章 ロングテールキーワードの選び方

キーワードを調べているイラスト

ここからは、ロングテールキーワードの選び方を紹介していきます。

  • メインの検索キーワードを決める
  • キーワードプランナーを使う
  • 検索意図を考えながらキーワードを選ぶ

メインの検索キーワードを決める

まずは、狙うメインキーワードを選びます。

コツとして、まず

「サイトの記事をどのようなキーワードで検索されたいか」を考えます。

例えば「コーヒー」のブログをはじめたとします。

そこで「コーヒー豆」というキーワードをラッコキーワードというサイトの検索窓に入れて見てみると、

ラッコキーワード画面

沢山の関連キーワードを表示されます。その中から自分が書く記事にあっているキーワードを選びだします。

家電の評判を記事にしていきたいので、これから書いていく記事は、「コーヒー豆 種類」を記事のメインキーワードとします。

キーワードプランナーを使う

記事のメインキーワードを決めたら、「Googleキーワードプランナー」でさらなるキーワード候補をチェックしてみましょう!

キーワードプランナー画面

キーワードプランナーを開き、「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

新しいキーワードを見つける画面

キーワードから開始の検索窓」にさきほどの「コーヒー豆 種類」とキーワードを入れて、「結果を表示」をクリックします。

キーワード画面

検索結果が出てきたら、右上の「キーワード候補をダウンロード」をクリックし、GoogleスプレッドシートかCSVファイルで保存してください。

キーワードリスト

このキーワードの中から記事に一番あっているキーワードを選んで、記事を書いてきましょう。

キワードの中から、今回は「コーヒー豆 種類 焙煎」をロングテールキーワードとして選び、記事を作っていこうとおもいます。といいたようにキーワードを決めて記事を書き進めていきます。

第3章 ロングテールキーワードとSEOを意識した記事を書く

矢が的をえているイラスト

それでは、ロングテールキーワードの選定が完了したら、あとはひたすらに、コンテンツ内容が充実した記事を沢山書いていきましょう。

【記事を書く時のポイント】

  • 記事の中身をしっかり充実させる
  • 3,000文字以上の文字数で記事を書く
  • 既存記事のtitleや見出しにキーワードを盛り込んでみる

まとめ

今回は、ロングテールキーワードについて記事を書いてきました。

ロングテールキーワードを理解するまでには難しい部分もありますが

こつこつと記事内容とキーワードを大切に書いていきましょう。

それでは、記事をまとめます。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • どのようなキーワードで検索されたいかを考える
  • 検索の競合が少ないため上位表示される可能性高い
  • ニーズを意識した記事を書くことができる
  • コンテンツ内容が充実した記事を沢山書いてい